ブロックチェーンとは【ゲームでお金を稼ぐ時代がやってくる】

ブロックチェーンとはなにか、仕組みや技術に関して解説しています。マイニングなどの仕組みを図解、ブロックチェーン上の仮想通貨を管理するウォレット、ゲームへの応用などを記載。ブロックチェーンについて知りたい方は参考にしてください。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンの図解

ブロックチェーンとは、「取引データ」の技術を指し、中央管理者がいない不特定多数でネットワーク情報を保管・管理するシステムのことです。分散型台帳技術とも言われていますが、慣れないうちは「取引データ技術」と覚えておきましょう。

一定期間の取引データ(履歴)を「トランザクション」と呼びます。複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」→このブロックが連なるように保存された状態を「ブロックチェーン」と言います。

「ノード(参加者)」による非中央集権管理

ブロックチェーンの基本システムでは、全取引データを世界中の人で共有することによって、データが損なわれたり、改ざんされた場合にも正しいデータに戻すことが可能です。

ネットワークの参加者(ノード)が互いに取引データの記録を持つため、一部のデータが消失しても他の大量のデータで再生が可能なのです。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの仕組み(ブロックとハッシュ)

ハッシュとマイニング

ブロックチェーンの仕組みを学ぶには様々な専門用語を理解しなければいけませんが、まずはキモとなる「ハッシュ」と「マイニング」を把握しましょう。

ハッシュ値で改ざんを防ぐ

ブロックチェーンでは、一定期間に発生した取引記録を「ブロック」と呼ばれる記録の塊に格納します。個々のブロックには取引の記録に加えて、1つ前に生成されたブロックの内容を示してくれる「ハッシュ値」、特別な数字である「ナンス値」が格納されます。

ハッシュは、算出された一定量の情報をコンパクトにまとめるデータを指します。そしてハッシュ値は元のデータが改ざんされると全く違う値を示す性質があります。

もし一つのブロックにあるデータを改ざんしようとすれば、後続するすべてのブロックのハッシュ値も変更しなければいけないため、ブロックチェーンへの攻撃は非常に困難であるとされています。

マイニングで次のブロックを生成する

「ブロックチェーン」に新しい「ブロック」を繋げるためには、前のブロックのハッシュ値を見つけ出さなければいけません。

マイニング(採掘)というのは、過去のブロックのなかにあるハッシュ値を要約した「ナンス/nonce」を見つける作業のことです。マイニングには、膨大な量の計算を何度も何度も行う必要があるため、大量のスパコンが使われています。

これらが連続的に行われる集合体がブロックチェーンであり、過去の取引データが改ざんされていた場合はハッシュ値が変わるので、新しいブロックの承認時に不正が発覚し排除されます。

ブロックチェーンゲームとは

ブロックチェーンゲーム 従来のゲームアプリ
非中央集権
(自動化システムで管理)
中央集権
(運営が管理)
キャラやアイテムが換金可能 キャラやアイテムの換金不可
ゲームがなくなっても資産は残る ゲームがなくなるとデータも消える
ユーザー間でアイテムの交換可能 ユーザー間でアイテムの交換不可

従来のゲームとの違いについて

ブロックチェーンゲームは、ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーション(Dapps)のことを指します。

従来のゲームアプリ(スマホゲーム)は非中央集権的ではなく、ゲーム運営会社によって提供されている中央集権サービスです。

ブロックチェーンで管理されているゲームであれば、特定の管理者が存在しないため、運営もとやユーザーによる不正操作の可能性が限りなく低くなります。

ゲーム内通貨やアイテムの換金ができる?!

通常、ゲーム内で獲得したキャラやアイテムは、日本円で購入できても換金はできません。

ブロックチェーンでアイテムなどが管理されれば、ユーザー主体で価値がさだまり、換金できるようになる可能性があります。

ブロックチェーンゲームは、主に仮想通貨「イーサリアム」でプレイが可能になるため、アイテム→イーサリアムに換金→イーサリアムから法定通貨への換金をする流れが想定できます。

ブロックチェーンゲームの未来

ブロックチェーンの認知度が高まり、ブロックチェーンゲームのユーザーが増えれば、ゲーム内の資産をつかって買い物をしたり、強いキャラを価値交換してお金を稼げる時代が現実的になります。

日本国内では、ゲームで遊ぶことは稼ぎに直結しづらいですが、近い将来にゲームで生計を立てられるような世界に変わっているかもしれません!

ブロックチェーンゲームの解説記事はこちら

約1,200万でデジタル猫が売却!

クリプトキティーズ

CryptoKitties(クリプトキティズ)は、仮想通貨「イーサリアム(Ethereum/ETH)」を活用したDapps(ブロックチェーンを用いたアプリケーション)です。

世界でもっとも有名なブロックチェーンゲームであり、ゲームのキャラクターである猫が、約1,130万円で売買されたことでさらなる話題を呼びました。

ブロックチェーンゲームの特性上、運営が値上げに積極的に加わることはできないので、高額な取引も全て利用者が判断して行ったものです。

CryptoKittiesとは

猫育成シミュレーションゲーム

  • ・他のユーザーから猫を購入
  • ・2匹以上の猫を組み合わせて繁殖
  • ・他のユーザーに猫を売却

CryptoKittiesは、子猫を購入して育成するゲームです。猫を交配させると珍しい子猫が生まれることがあり、育成した猫を販売することも可能です。

子猫は親の遺伝子を受け継ぐ仕組みになっていて、親同士のデータの一部を受け継ぐのがポイントです。模様やひげの長さ、顔、背景など、様々なパターンの子猫が生まれるのも特徴です。

イーサリアムの取引の15%を占めている

CryptoKittiesは、ブロックチェーンゲームの中で最も有名なゲームで、ゲーム公開からすぐに爆発的に広まり、1週間でイーサリアムの取引量の5%を占めるまでに成長しました。

複数国で展開している世界的なオンラインメディア「Tech Crunch」によると、イーサリアムのネットワークの15%をすでに占めているとのことです。

イーサリアムプラットフォームで、これほどのヒットゲームが出た例はなく、今後のデジタルゲーム市場に一石を投じる存在として注目されています。

ブロックチェーン利用の好例

ブロックチェーンゲームに共通するのは、仮想通貨と同様に、ユーザー同士で「取引」をする点です。

CryptoKittiesでは、ネコ(の絵)を取引するゲームでしたが、日本人が好きなRPGの「キャラ」や「武器」、「アビリティ」などでも取引できるという好例です。

ブロックチェーンの問題点

ブロックチェーンは、まだまだ活用されはじめた実験段階の技術です。

マイニングに要する時間、処理速度、なにより法律面がブロックチェーンの動きに対して整備されていません。技術面でも法律面でも課題はあるものの、大きなメリットがたくさんあるため、今後の動向に要注目です。

ビットコインとアルトコイン

ビットコインとは

ブロックチェーンが気になる方は、ビットコインという言葉を聞いたことが一度はあると思います。実はブロックチェーンという技術は、ビットコインを運用するために生まれた技術といっても過言ではありません。

ビットコインは、「ナカモトサトシ(正体不明で現在も誰か特定されていない)」により世界で一番初めに作られた仮想通貨です。インターネット上で使うことができる通貨で、「仮想通貨」「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれています。

みなさんが使用しているお金は「法定通貨」と呼ばれ、金銭債務の弁済手段として用いることができる法的効力を有していて、各国の中央銀行が発行しています。ビットコインなど仮想通貨は、発行専用のプログラムに沿って自動的に発行され国による制限はありません。

ビットコインと法定通貨の違い

法定通貨 仮想通貨
実態 紙幣や硬貨 ない(デジタル)
取引 銀行、証券会社 仮想通貨の取引所
価値 物価上昇率と連動 需要と共有で決定
信用 政府が価値を裏付け 政府が介入しないため低い

大きく異なるのは、実物があるかないかです。法定通貨にはお札や硬貨がありますが、仮想通貨にはお札も硬貨もありません。

国が介入している分、法定通貨の方が通貨自体の信用性が高いという声が一般的です。しかしながら、非中央集権というメリットがあり、特定の国が不安定な状況になっても値崩れするリスクが限りなく小さいのも仮想通貨の特徴です。

暗号やデジタルの通貨と呼ばれる所以は、データをやりとりするといったイメージからついています。インターネットさえあれば、仮想通貨は国境も関係なく世界のどこにいても使うことができます。

アルトコインとは

アルトコイン(altcoin)とは、一般的にビットコイン以外の仮想通貨を指します。ビットコインは主に「通貨」を目的として作られましたが、アルトコインは通貨以外の役割や機能を持たすことを目的とした仮想通貨です。

ビットコインでは難しいことや出来ないことを、アルトコインではできるようになります。

アルトコインのひとつである「イーサリアム」は、処理速度の速さ、流通度、そして「スマートコントラクト」という独自技術によってブロックチェーンゲームの多くに採用されています。

ブロックチェーンゲームの始め方

ブロックチェーンゲームの始め方

CryptoKittiesの例
  1. 1.イーサリアムを用意
  2. 2.MetaMaskをインストール・登録
  3. 3.イーサリアムで猫を購入

1.イーサリアムを用意

ブロックチェーンゲームの代表格であるCryptoKittiesを例にして説明します。

CryptoKittiesをプレイするには、まず初めにイーサリアムを用意する必要があります。イーサリアムは、イーサリアムを取り扱う取引所で購入することが一般的です。

おすすめ取引所

ビットフライヤー
ビットフライヤー メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
GMOコイン
GMOコイン メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
ザイフ
ザイフ メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料

2.MetaMaskをインストール・登録

メタマスク(MetaMask)

CryptoKittiesをプレイするには、MetaMask(メタマスク)が必要になります。MetaMaskはGoogleChromeの拡張機能を利用したイーサリアムの「ウォレット」です。

初めて仮想通貨ウォレットを使う方でも、すぐに簡単に登録できるので、予め登録しておきましょう。

メタマスクの登録方法と使い方はこちら

3.イーサリアムで猫を購入

イーサリアムとMetaMaskの準備ができたら、ゲーム内で猫を購入しましょう。猫を購入する際は、値段を始めとし、特徴や両親、子どもなどの情報を確認できます。

おすすめブロックチェーンゲーム

順位 ゲーム 内容
1位1位 CryptoKitties 猫の育成と売買、仮想通貨取引
2位 EtherOnline 装備売買のMMORPG
3位 EtherStocks 株式取引

CryptoKitties(クリプトキティーズ)は子猫を育成、売買するゲームです。取引量や決済数が多いので後発参戦でも市場に参加しやすく、ゲームプレイとアセット(資産)売買の一連の流れを早いうちに体験できます。

EtherOnline(イーサオンライン)はMMORPGで、入手した装備を売買するゲームです。入手しやすい低レアの装備から最大レアの装備の作成が可能で、元手が少なくても時間をかければ利益を得られます。

EtherStocks(イーサストック)は株式取引を行うゲームです。株式取引を現実でも経験したことがある方はとっつきやすく、実際の経験や知識を活かしながらゲームをプレイできます。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー