ブロックチェーンゲームとは【仕組みと従来のゲームとの違いを解説】

ブロックチェーンゲームとはなにかを解説しています。ブロックチェーンの仕組みや従来のゲームとの違い、問題点、将来性などを記載。実際に儲かるのかどうかも考察しています。ブロックチェーンゲームや仮想通貨を始める参考にしてください。

ブロックチェーンゲームとは

ブロックチェーンゲームとは

ブロックチェーンゲームとは、文字通りブロックチェーンの技術を活用したゲームのことを指します。ブロックチェーンは、簡潔に説明するとみんなで使う改ざんできないデータベースです。

ブロックチェーンでは、中央管理者が存在せず、不特定多数でネットワーク情報を保管及び管理するシステムのことを指します。そのブロックチェーン上で動くゲームをブロックチェーンゲームと呼びます。

既存のアプリゲームとの違いとして、コントロール主体がなく自動化された不正のできないシステム、ゲームがなくなっても資産が残ること、仮想通貨がゲーム内通貨として使用される点が挙げられます。

従来のゲームとの違い

ブロックチェーンゲーム 従来のゲームアプリ
非中央集権
(自動化システムで管理)
中央集権
(運営が管理)
キャラやアイテムが換金可能 キャラやアイテムの換金不可
ゲームがなくなっても資産は残る ゲームがなくなるとデータも消える
ユーザー間でアイテムの交換可能 ユーザー間でアイテムの交換不可

従来のゲームアプリ(スマホゲーム)は管理者(運営)が存在、ゲームのサービスが終了するとゲーム内のデータは全て消えるなどの特徴を持ちます。

一方、ブロックチェーンで管理されているゲームであれば、特定の管理者は不在、キャラやアイテムがユーザー間で取引可能、ゲームが無くなっても資産は残る点が大きな違いとして上げられます。

ゲーム内通貨やアイテムの換金が可能

通常、ゲーム内で獲得したキャラやアイテムは、日本円で購入できても換金はできません。

ブロックチェーンでアイテムなどが管理されれば、ユーザー主体で価値がさだまり、換金できるようになる可能性があります。

ブロックチェーンゲームは、主に仮想通貨「イーサリアム」でプレイが可能になるため、アイテム→イーサリアムに換金→イーサリアムから法定通貨への換金をする流れが想定できます。

ブロックチェーンゲームの未来

ブロックチェーンの認知度が高まり、ブロックチェーンゲームのユーザーが増えれば、ゲーム内の資産をつかって買い物をしたり、強いキャラを価値交換してお金を稼げる時代が現実的になります。

日本国内では、ゲームで遊ぶことは稼ぎに直結しづらいですが、近い将来にゲームで生計を立てられるような世界に変わっているかもしれません!

Cryptokittiesがブームの火付け役

クリプトキティーズ

ブロックチェーンゲームのブームのきっかけになったのは、Cryptokitties(クリプトキティーズ)です。猫(の絵)を育成し、売買するシンプルなゲームです。

CryptoKitties(クリプトキティーズ)は、仮想通貨「イーサリアム(Ethereum/ETH)」を活用したDapps(ブロックチェーンを用いたアプリケーション)です。

世界でもっとも有名なブロックチェーンゲームであり、ゲームのキャラクターである猫が、約1,130万円で売買されたことでさらなる話題を呼びました。

CryptoKittiesとは

猫育成シミュレーションゲーム

  • ・他のユーザーから猫を購入
  • ・2匹以上の猫を組み合わせて繁殖
  • ・他のユーザーに猫を売却

CryptoKittiesは、子猫を購入して育成するゲームです。猫を交配させると珍しい子猫が生まれることがあり、育成した猫を販売することも可能です。

子猫は親の遺伝子を受け継ぐ仕組みになっていて、親同士のデータの一部を受け継ぐのがポイントです。模様やひげの長さ、顔、背景など、様々なパターンの子猫が生まれるのも特徴です。

イーサリアムの取引の15%を占めている

CryptoKittiesは、ブロックチェーンゲームの中で最も有名なゲームで、ゲーム公開からすぐに爆発的に広まり、1週間でイーサリアムの取引量の5%を占めるまでに成長しました。

複数国で展開している世界的なオンラインメディア「Tech Crunch」によると、イーサリアムのネットワークの15%をすでに占めているとのことです。

イーサリアムプラットフォームで、これほどのヒットゲームが出た例はなく、今後のデジタルゲーム市場に一石を投じる存在として注目されています。

ブロックチェーン利用の好例

ブロックチェーンゲームに共通するのは、仮想通貨と同様に、ユーザー同士で「取引」をする点です。

CryptoKittiesでは、ネコ(の絵)を取引するゲームでしたが、日本人が好きなRPGの「キャラ」や「武器」、「アビリティ」などでも取引できるという好例です。

儲けるには手数料とユーザー数がネック

すでに高額取引が成立していて、一見簡単に儲けられそうなブロックチェーンゲームですが、ネックになるのが手数料です。

クリプトキティーズの場合、猫の売買と繁殖どちらにも手数料がかかり、市場で取引されている猫は手数料より安く売買されていることもザラにあります。

ブームになったといえど、直近のデータではDAUが1,000人に満たない程度かつ、手数料以下の猫が多数市場に出回っていることを考えると、簡単には儲けられない可能性のほうが高いといえます。

ブロックチェーンの問題点

ブロックチェーンは、まだまだ活用されはじめた実験段階の技術です。

マイニングに要する時間、処理速度、なにより法律面がブロックチェーンの動きに対して整備されていません。技術面でも法律面でも課題はあるものの、大きなメリットがたくさんあるため、今後の動向に要注目です。

ブロックチェーンゲームの始め方

ブロックチェーンゲームの始め方

CryptoKittiesの例
  1. 1.イーサリアムを用意
  2. 2.MetaMaskをインストール・登録
  3. 3.イーサリアムで猫を購入

1.イーサリアムを用意

ブロックチェーンゲームの代表格であるCryptoKittiesを例にして説明します。

CryptoKittiesをプレイするには、まず初めにイーサリアムを用意する必要があります。イーサリアムは、イーサリアムを取り扱う取引所で購入することが一般的です。

おすすめ取引所

ビットフライヤー
ビットフライヤー メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
GMOコイン
GMOコイン メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
ザイフ
ザイフ メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料

2.MetaMaskをインストール・登録

メタマスク(MetaMask)

CryptoKittiesをプレイするには、MetaMask(メタマスク)が必要になります。MetaMaskはGoogleChromeの拡張機能を利用したイーサリアムの「ウォレット」です。

初めて仮想通貨ウォレットを使う方でも、すぐに簡単に登録できるので、予め登録しておきましょう。

メタマスクの登録方法と使い方はこちら

3.イーサリアムで猫を購入

イーサリアムとMetaMaskの準備ができたら、ゲーム内で猫を購入しましょう。猫を購入する際は、値段を始めとし、特徴や両親、子どもなどの情報を確認できます。

おすすめブロックチェーンゲーム

順位 ゲーム 内容
1位1位 CryptoKitties 猫の育成と売買、仮想通貨取引
2位 EtherOnline 装備売買のMMORPG
3位 EtherStocks 株式取引

CryptoKitties(クリプトキティーズ)は子猫を育成、売買するゲームです。取引量や決済数が多いので後発参戦でも市場に参加しやすく、ゲームプレイとアセット(資産)売買の一連の流れを早いうちに体験できます。

EtherOnline(イーサオンライン)はMMORPGで、入手した装備を売買するゲームです。入手しやすい低レアの装備から最大レアの装備の作成が可能で、元手が少なくても時間をかければ利益を得られます。

EtherStocks(イーサストック)は株式取引を行うゲームです。株式取引を現実でも経験したことがある方はとっつきやすく、実際の経験や知識を活かしながらゲームをプレイできます。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー