DAppsとは【分散型アプリケーションを詳しく解説】

DApps(ダップス/分散型アプリケーション)とは何かを解説しています。DAppsの定義やメリット、ブロックチェーンゲームなどDAppsの事例を記載。スマートコントラクトの技術、DAppsの課題と未来の展望も記載しているので、DAppsについて知りたい方は参考にしてください。

DAppsとは

Dappsとは

Dappsとは、「Decentralized Applications」の略で、非中央集権、分散型アプリケーションのことを指します。従来のアプリケーションのように特定の管理者は存在しません。

これまでの株式会社・経営者とユーザーといった枠組みにとらわれず、公平かつ分散的で、利益をシェアし、共有をベースとした経済モデルを創出する新たな可能性として、注目を集めています。

また、Dappsに用いられているブロックチェーンは、中央管理者がいない不特定多数でネットワーク情報を保管・管理するシステムです。全取引データを世界中の人で共有することによって、データが損なわれたり、改ざんされた場合にも正しいデータに戻すことが可能です。

ブロックチェーンの解説記事はこちら

Dappsの定義

Dappsに投資するDavid Johnston氏のVCファンドによる定義では、以下の3つの条件を満たしているものを指してDappsと呼びます。

オープンソースのアプリケーションである

アプリケーションがオープンソースであること。またオペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないこと。トークン、データ、レコードなどにつき、暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用していること。

トークンを利用している

アプリケーションはオープンに流通可能な暗号トークンを持ち、アプリケーション利用の際にトークンを利用すること。参加者にはそのトークンによって報酬が支払われること。

ユーザーの合意の下での改善が行われる

アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善していくこと。この改善はユーザーの合意によること。

Dappsのメリット

ほとんどのサービスに存在する中央管理者が存在せず、自動でオペレーションされてサービスが展開されているので、中間搾取者が存在しないことが最大のメリットです。

例えば、コインチェックやビットフライヤーはそれぞれ会社が運営をしていて、仮想通貨を購入する際の手数料、アクセス集中に伴うサーバーダウンなどが発生します。

一方、中央管理者のいない非中央集権的なサービスであれば、利用者のデメリットが解消されます。また、ブロックチェーン上で展開されるサービスのため、データが改ざんされにくいというメリットも持ちます。

ブロックチェーンの解説記事はこちら

Dappsを使用した事例

ブロックチェーンゲーム

ブロックチェーンゲーム 従来のゲームアプリ
非中央集権
(自動化システムで管理)
中央集権
(運営が管理)
キャラやアイテムが換金可能 キャラやアイテムの換金不可
ゲームがなくなっても資産は残る ゲームがなくなるとデータも消える
ユーザー間でアイテムの交換可能 ユーザー間でアイテムの交換不可

ブロックチェーンゲームは、ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーションです。オープンソースで誰でも利用可能、ユーザーはトークンを利用かつ報酬として入手可能で、ユーザー間の取引は、ユーザー同士の合意の下に実行されます。

特定の管理者が存在しないため、運営もとやユーザーによる不正操作の可能性が限りなく低く、さらにゲームをして仮想通貨を稼げることから、現在注目されています。

ブロックチェーンゲームの解説記事はこちら

分散型取引所(DEX)

分散型取引所はDecentralized EXchangeの日本語訳で、文字通り中高管理者の存在しない次世代型の取引所です。何をどのくらい買いたいor売りたいかを表示する取引板と、その取引板を生成するシステムを維持するサービスです。

分散型取引所では、資産の管理や取引のすべてがブロックチェーン上で行われるため、データの改ざんや不正が起こりにくいことが特徴です。逆に中央集権型の取引所では、コインチェックのようにハッキングされる恐れがあります。

分散型取引所は、認知度の低さ故のユーザー数の少なさ、管理者が不在なので誰もサポートしてくれないなど、まだまだ課題を抱えているものの、大いに期待されています。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、直訳すると"賢明な契約"を意味し、端的に言うと"契約の自動化"のことです。特定の行動が達成された場合のみ契約が成立し、自動で取引が遂行されます。

契約を成立させ、取引を遂行が自動で行われるため、仲介業者が不要になるのが最大のメリットです。ビットコインをはじめとした多くのDappsで採用されており、余計な手数料が発生しにくいのが大きな特徴です。

また、エスクローと呼ばれる仮払い機能も内包していて、より決済期間が短縮されます。契約書不要、お金の支払不要(自動で行われる)と簡易的に契約が成立します。

ブロックチェーンにより不正ができない

スマートコントラクトは特定の行動が達成されると契約が成立することを指します。

ブロックチェーン上に商品購入の一連の流れが存在し、商品が発送されていなかったり、支払いがされていない場合、支払いの中断、もしくは強制的に決済が発生します。

正しい行動がデータとして残っており、データに沿わない行動が行われた場合は、契約が破棄されるもしくは強制的に決済が発生するため、詐欺が行われる可能性が限りなく下がります。

よく例えられる自動販売機の例

よく例えられるのが自動販売機で、購入に必要な金額を投入、購入したい飲み物のボタンを押す、という行動です。2つの行動が達成された場合のみ契約が成立、商品とお金の所有権が入れ替わるシステムです。

Dappsの課題と未来

処理速度やセキュリティ面に不安を抱える

一見メリットがかなり大きいDappですが、実は課題を抱えています。情報処理速度の遅延を指す「スケーラビリティ問題」や、プライバシーの保護やセキュリティの問題などが挙げられます。

2016年に発生したTheDAOがハッキングされていて、まだまだ完全なセキュリティを備えているとは言いづらいのが現状です。

新たな経済発展を支える?

今後、社会の多くのサービスがDApps化していくことで、おそらく国家と資本主義という枠組みにとらわれず、公平かつ分散的で、利益をシェアし、共有をベースとした経済モデルを創出する新たな可能性を秘めています。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー