イーサリアムのGAS(ガス)とは【取引に必要な手数料】

イーサリアムのGAS(ガス)について解説しています。ガスはイーサリアム使用時の手数料、そしてマイナーたちの報酬です。手数料決定の仕組み、ガスリミットやガス不足といった用語なども解説。イーサリアムのGASについて知りたい方は参考にしてください。

イーサリアムのGAS(ガス)とは

GAS(ガス)はイーサリアム利用時の手数料

GAS(ガス)は、イーサリアム上でのトランザクション(取引)の実施、スマートコントラクトの実行や処理をするために必要な手数料です。1ガスあたり約10億分の1イーサに相当します。

イーサ(ETH)ではなくGASと呼ばれているのは、通貨としてのイーサと手数料(燃料)としてのGASを区別する目的があるのでは、と言われています。

マイナーたちへの報酬でもある

GASは、イーサリアム利用者の手数料だけでなく、マイナーたちの報酬(経済的インセンティブ)の側面も持ちます。

GASを大量に支払うことにより、実行されるスマートコントラクトがマイナーに優先的に承認される仕組みなので、。GASはマイナーに支払われる手数料となるわけです。マイナーは、このGASをマイニングの報酬として受け取ります。

GASの手数料決定の仕組み

中央管理者がいる取引所では固定の手数料が、中央管理者不在の取引所では自身が決定した額の手数料を支払います。自身で設定する場合、ガスリミット、ガスプライスを設定する必要があります。

ガスリミットは使用するGASの最大量であり、ガスプライスは1GASあたりの値段を指します。ガスリミット×ガスプライスで算出された額が、実際に支払う最大手数料です。

先に最大手数料を設定しているため、プログラミングにバグがあっても無限にGASが支払われ続けるといったデメリットを防げます。

GAS消費の流れ

ガス消費の流れ

AさんからBさんに1イーサの送金をする場合を例とします。Aさんはガスリミットとガスプライスを設定して最大手数料が決定、1,000GASとなりました。

スマートコントラクトの実行、ブロックチェーンの書き込みで約700GASが消費された後、Bさんの手元に1イーサが届きます。

1,000GASのうち使用された700がマイナーの報酬となり、余った300ガスはAさんに返ってきます。

GAS不足だと処理が中止される場合がある

GASの量が少ないと、処理が中止される場合があります。処理できずにトランザクション(取引)が実行されなかった場合でも、途中まで使用されたGASは返ってきません。

GASの高騰の仕組み

イーサリアム上のトランザクション数が増加すると、GASが高騰する場合が多いです。多数のトランザクションが存在する場合、マイナーたちはGASがより高く(多く)設定されているものから処理していくことが主な理由です。

ブロックに収まらないほどの数までトランザクション数が増加すると、トランザクションの実行に時間がかかる「トランザクションの遅延」状態に陥ります。

クリプトキティーズが高騰に影響

クリプトキティーズ

クリプトキティーズは猫(のデータ)を育成、取引するブロックチェーンゲームです。1つのデータが約1,130万円で取引されたことが話題を呼びました。

ユーザーの増加に伴い、イーサリアム上のトランザクション数(取引量)も増加、結果としてガスの高騰を招きました。

GASの設定額の目安

ガスプライス 処理速度
7 遅い
10 標準
18 速い

イーサガスステーション(ETH Gas Station)では、通常時(トランザクション数の少ないとき)のGAS設定金額目安を公表しています。また、目安金額は変動が激しいため、あくまで目安としてご覧ください。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー