ブロックチェーンゲームと仮想通貨【稼ぎ方や仕組みまとめ】

ブロックチェーンゲームと仮想通貨の関係性について記載します。ゲーム内での仮想通貨の稼ぎ方やブロックチェーンゲームで取引量の多いゲームの紹介も行っています。ブロックチェーンゲームや仮想通貨について興味のある方は参考にしてください。

ブロックチェーンや仮想通貨の稼ぎ方と仕組み

ブロックチェーンゲームって何?

ブロックチェーンゲームとは、「dapps(ダップス/decentralized applications)」と言われる分散型アプリケーションを利用したゲームを指します。

dapps自体そもそも新しい市場であるため、定義は非常に幅広いですが「アプリ内で仮想通貨を利用する」「ユーザー主体でゲーム環境に影響を及ぼす」ことが出来ます。

仮想通貨やブロックチェーンを理解していない場合、概念をかみ砕くのに時間がかかりますが、実際のゲームでの事例をみることで理解度が早くなります。

ブロックチェーンとは

従来のゲームとの違い

ブロックチェーンゲーム 従来のゲームアプリ
非中央集権
(自動化システムで管理)
中央集権
(運営が管理)
キャラやアイテム換金可能 キャラやアイテム換金不可
ゲームがなくなっても
資産は残る
ゲームがなくなると
データも消える
ユーザー間で
アイテムの交換可能
ユーザー間で
アイテムの交換不可

従来のゲームアプリ(スマホゲーム)は管理者(運営)が存在、ゲームのサービスが終了するとゲーム内のデータは全て消えるなどの特徴を持ちます。

一方、ブロックチェーンで管理されているゲームであれば、特定の管理者は不在、キャラやアイテムがユーザー間で取引可能、ゲームが無くなっても資産は残る点が大きな違いとして上げられます。

ゲームで1000万円稼ぐ

クリプトキティーズ

ブロックチェーンゲームの火付け役となったゲームが「CryptoKitties(クリプトキティズ)」です。

CryptoKittiesは、仮想通貨「イーサリアム(Ethereum/ETH)」を活用したDapps(ブロックチェーンを用いたアプリケーション)です。

ゲームのキャラクターである猫が、約1,130万円で売買されたことで話題を呼び、世界はもちろん、日本でのブロックチェーンゲーム開発のきっかけにもなりました。

ブロックチェーンゲーム開発の日本企業まとめ

日本は仮想通貨×ゲームが適している

日本は、世界中から見てもブロックチェーン技術を利用した仮想通貨の保有量が多く、取引所も大手企業が運営しCMなどで認知が拡がっています。

さらにゲームユーザーも多く、課金率も高いため、日本でブロックチェーンゲームが流行る可能性は高いと考えられます。

全世界ブロックチェーンゲームまとめ

ブロックチェーンゲームの稼ぎ方一覧

  1. キャラクターや装備の売買で稼ぐ
  2. キャラクターや装備のレンタルで稼ぐ
  3. ゲームプレイで稼ぐ

ブロックチェーンゲームでは、仮想通貨を通してお金を稼ぐことが期待できます。

ゲームによって稼ぎ方は異なりますが、代表的かつイメージしやすい方法は3点です。

キャラクターや装備の売買/EtherOnlineなど

ETHERONLINE

開発会社 R2Games
ジャンル MMORPG
対応通貨(トークン) イーサリアム(ETH)
ウォレット メタマスク
直近取引量 17.72
日本語対応

EtherOnlineは、装備を集めてプレイヤーやコンピューターと対戦するMMORPGゲームです。装備には5段階のレア度があり、同レアリティの装備品3つ使って次のレアリティに強化可能、最大レアまで発展させられます。

装備は売買可能で、低レアの装備が無駄にならずに使えるため、時間をかけて最大レアの装備を作成、販売して利益を得られます。

また、公式サイトやゲームが日本語に対応、よくある質問が細かいところまで行き届いているため、最初に始めるブロックチェーンゲームとしておすすめです。

EtherOnline公式サイトはこちら

キャラクターや装備レンタル/イーサエモンなど

イーサエモン

開発会社 プロジェクトチーム
対応通貨(トークン) イーサリアム(ETH)
ウォレット メタマスク
直近取引量 1.53
日本語対応

イーサエモンは、モンスターを捕獲/育成/進化/交換をして遊ぶゲームです。イーサエモンには6つのステータスと、全17種から振り分けられた3つのタイプがあり、本格的なバトルも楽しめます。

育てたモンスターはマーケットで販売やレンタルすることが可能であり、進化させないと入手できないモンスターは希少価値が高く、高値で販売して利益を得ることが可能です。

ストアで購入できるモンスターの数には限りがあり、他のプレイヤーから購入するしか手段がなくなっていくので、早くからプレイしていたほうが得するといえます。

イーサエモン公式サイトはこちら

ゲームプレイで稼ぐ/BitPetなど

ビットペット

開発 Bitpetチーム
対応トークン イーサリアム(ETH)
ポピュラーコイン(POP)
ウォレット メタマスク
直近取引量 -
日本語対応

BitPetは、ペットを購入して育成するゲームです。ペットを育成や配合することで強くなり、強くなるとミニゲームで勝ちやすくなります。

2018年の3月にリリースされたBitPetですが、事前登録は世界149カ国で5万人以上に行われ、特に登録が多かったのは日本で、全体の26%を占めていました。

BitPetがCryptoKittiesと違う点は、イーサリアムの稼ぎ方がペットの販売だけでなく、友達紹介やミニゲームで稼げる部分です。ゲームプレイするだけでもイーサリアムが稼げる可能性があるのはユーザーにとって大きな魅力です。

仮想通貨を強さに応じて配布するゲーム登場

仮想通貨配布用のクリプトチップス提供

CryptoChips(クリプトチップス)

5/31(木)に、GMOインターネット株式会社は、ゲームアプリ内で仮想通貨を報酬として配布できる「CryptoChips(クリプトチップス)」を開発、そして2018年8月より提供することを発表しました。

「クリプトチップス」は、ゲームアプリに実装することで、ゲーム内のランキングやミッション達成時、アイテム獲得時などの様々な条件に応じて、報酬としてプレイヤーに仮想通貨を配布できる仕組みです。

報酬となる仮想通貨は、プレイヤーが予め登録したウォレット(仮想通貨口座)へ配布されます。また、初実装時はビットコインの配布に対応予定とのことです。

スマホアプリで報酬として仮想通貨を配布

ウィムジカルウォーで仮想通貨配布

実装第1弾として、好評配信中のゲーム「ウィムジカルウォー」で、ゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインを報酬として配布することを発表しています。

ウィムジカルウォーにビットコイン導入!はこちら

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー