仮想通貨におけるトークンとは?トークンと仮想通貨の違いを解説

仮想通貨におけるトークンとは何かを掲載しています。トークンのメリットやデメリット、仮想通貨との違いをわかりやすく解説。仮想通貨におけるトークンについて知りたい方は参考にしてください。

トークンとは?仮想通貨との違いを解説

トークンとは

仮想通貨の話の流れでトークンといった場合、ブロックチェーン上で発行した独自コインのことを指し、仮想通貨と異なり個人や企業が簡単に発行できます。ただし、発行した個人や企業が展開したサービスでしか価値がありません。

例えばZaifトークンはNEMのブロックチェーン技術を利用しています。ZaifトークンはZaifのサービスでしか使えない、NEMは仮想通貨なので現金化できるといった違いがあります。

トークンのメリット

トークンの発行元の個人や企業が事業で成功すれば、信用が上がって功績が評価され、トークンの価値が上がります。今は1トークンが1円に満たなくても、発行元次第では何倍にも膨れ上がる可能性を秘めています。

トークンのデメリット

トークンは発行元次第で価値がいくらでも変動する可能性があり、取引所からお金が流出した、新事業で失敗したなどの信用が下がるようなことが起きると、トークンの価値も下落します。

発行元の活動次第という点では株式取引と似ているので、ある程度先見の明を持つことが必要と言えるでしょう。

仮想通貨との違い

トークン 既存のブロックチェーン上で発行されるもの
仮想通貨 新規のブロックチェーン上で利用される基軸通貨

トークンはあくまでメインの仮想通貨をモデルに、その仮想通貨のブロックチェーン上に発行されたもので、取引所などで法定通貨と取引することは不可能です。

仮想通貨を法定通貨に置き換えると、特定のお店のポイントカードに溜まったポイントがトークンであり、特定の場所でのみ価値が認められて他のものとの交換などに利用できます。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー