仮想通貨の買い方とおすすめ取引所 | 初心者向け簡単解説

仮想通貨の買い方を解説しています。仮想通貨初心者の方向けに、購入に必要なアカウントの登録方法や口座への入金方法、販売所と取引所の違いなどを掲載。おすすめの取引所なども記載しているので、仮想通貨の購入方法を知りたい方は参考にしてください。

仮想通貨の購入方法

購入までのフロー

仮想通貨を購入するまでの動き
  1. 1.取引所でアカウント登録する
  2. 2.本人確認を終わらせる
  3. 3.二段階認証を設定する
  4. 4.アカウントに入金する
  5. 5.仮想通貨を購入する

取引所によって多少の差はありますが、基本的に購入までの手順はあまり変わりません。

今回は取引所「bitFlyer」を例に仮想通貨購入までの手順を紹介します。

1.取引所でアカウント登録する

ビットフライヤー公式サイト

まず取引所の公式サイトにアクセスしアカウントを作成します。

基本的にメールアドレスとパスワードを入力すればアカウントは作成され、購入画面などの閲覧が可能になります。(購入はまだ出来ないです)

パスワードは複雑なものを設定する

設定するパスワードは複雑なものを用意し、アカウントが乗っ取られないようにしましょう。

理想は20~40文字の数字、英語、記号を混ぜたもので、最低でも自身の生年月日やメールアドレスから特定できないものにしましょう。

SNS連携でのアカウント作成は厳禁!

取引所によっては、FacebookやGoogleアカウントの連携機能によりアカウント登録をする事ができますが、大変リスクが高い登録方法なので、使用しないようにしましょう。

取引所がいかに強固なセキュリティを敷いていても、連携先の媒体で情報流失があれば簡単にアカウントを乗っ取られてしまい、最悪の場合自身の通貨がすべて闇の中に消えてしまいます。

2.本人確認を終わらせる

本人確認書類の提出

作成したアカウントを取引可能にするために本人確認を終わらせます。

本人確認では本人情報の入力に加え、免許証などの本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認が終わると取引所で審査が行われ、問題がなければハガキが届き取引可能になります。

本人確認書類の写真はスマホ撮影でOK

本人確認書類の提出に使用する写真は、スマホで撮影したものでも問題がないので簡単に行うことが出来ます。

ただし、スマホだと影や手ブレで画像が鮮明に写っておらず、審査が通らなかったなどということもあるので、必ず文字が鮮明に写っているか確認しましょう。

3.二段階認証を設定する

二段階認証設定

ログインアカウント作成と本人確認が完了すると、セキュリティ向上のために二段階認証設定を求められるので設定しましょう。

二段階認証とはログインや購入時など様々な場面で必要になる、ワンタイムパスワードのようなもので30秒に1回パスワードが変わる仕組みとなっています。

二段階認証はGoogleが提供している「Google Authenticator」で行うことが出来ます。

Google AuthenticatorのDLはこちら
appstore googleplaystore

4.アカウントに入金する

入金方法

仮想通貨を購入するためには日本円をアカウントに入金する必要があります。

一般的な入金方法として銀行振込があり、取引所ページに記載されている振込先口座に入金をすれば1~2日で反映されます。同じ取引所でも人によって振込先口座が異なる可能性があるので注意しましょう。

また、振込人名義を必ず「ユーザーID+氏名」に設定しましょう。基本的にはどの取引所でもユーザーID+振込名義人の情報から、誰からの入金かが判断されます。ユーザーIDの記入を忘れた場合は、取引所のサポートに「何月何日の何時何分の誰(指名)、○○円の入金分」とメールを送れば対応してくれます。

クイック入金ですぐに入金を反映

取引所によって異なりますが、振込の即日反映が可能で、すぐに仮想通貨の取引ができる「クイック入金」があります。

入金方法はコンビニやネット銀行、PayPalなど取引所によって様々ですが、手数料が銀行振込に比べ高いので、急ぎでない限りは使用しないほうが良いでしょう。

5.仮想通貨を購入する

購入画面

仮想通貨の購入方法は主に2種類あり、販売所購入と取引所購入があります。

販売所は取引所から仮想通貨を購入する方法で、イメージとしてはスーパーから商品を買うのと同じで、買いやすいですが直販ではないので価格は高いです。

一方、取引所はユーザー間での仮想通貨の取引きとなり、問屋から直接購入できるイメージです。安く仕入れることは出来ますが交渉次第なので知識が必要です。

販売所から購入

販売所では買いたい数量の仮想通貨を入力し購入ボタンを押すだけで購入完了です。日本円参考価格が横に表示されているので、いくら分の購入をするのか簡単に分かります。

販売所は気軽に購入できるのが魅力ですが、実際の相場より高めに値段を設定されており、その差額を取引所の手数料になるので、決して安い購入方法ではありません。

取引所から購入

取引所では数量と価格を自身で決めて購入します。購入を押すと自分の注文が板に並びます。板には他に購入したいユーザーの注文も並べられていて購入希望価格が高い順に上から並びます。

そして売り手のユーザーもまた、自身の売りたい価格を提示し板に並べるので、買い手と売り手の価格が合致すると購入価格の高い順に取引が成立していきます。

安く買いたいと思い、安く価格設定しても、その価格で売ってくれるユーザーがいなければ一生買えないので、買えるギリギリの相場を見極める判断力が必要になってきます。

仮想通貨は最低数百円から購入可能

1ビットコイン約72万円など、一見高額の取引が必要に思われる仮想通貨は、実は最低数百円から購入可能です。初期投資の段階で高額の支払いをする必要はなく、購入する方の元手に応じて金額を選べます。

仮想通貨購入が完了したらウォレットも準備

仮想通貨の購入が完了したら、仮想通貨を保管するウォレットの準備をしましょう。購入した仮想通貨を取引所に預けたままだと、取引所がハッキングされたときに失ってしまうリスクがあります。

高額の仮想通貨を購入した場合は、セキュリティ性の高いハードウェアウォレットがおすすめです。また、少額であってもPCのソフトやスマホのアプリで管理できる、ソフトウェアウォレットで管理しましょう。

仮想通貨のウォレット解説はこちら

初心者におすすめの取引所

仮想通貨初心者の方は、簡単に購入できる販売所での購入をおすすめします。販売所では、取引所業者から直接仮想通貨を購入する事ができ、自身が欲しい数量を簡単に購入可能です。

一方、仮想通貨の取引経験がある方は、安く購入できる取引所での購入がおすすめです。また、ゲーム内で使用するために、取引所の口座からウォレットに移す事が多くなるので、送金手数料が安いかも加味しましょう。

ブロックチェーンゲームおすすめ取引所はこちら

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー