ザイフ(Zaif)の評判とメリット・デメリット

ザイフ(Zaif)の評判とメリット・デメリットをまとめています。登録やログイン方法、手数料、使い方、入金出金方法、取り扱い通貨、セキュリティなどの安全性、アプリについて記載。取引所の比較情報も記載しているので、ザイフの評判とメリット・デメリットを調べる参考にして下さい。

Zaif

評判とメリット(手数料の安さと高い信頼性)

Zaifの評判

  1. ・取引手数料が安い
  2. ・簡単売買システムで初心者にも使いやすい
  3. ・金融庁登録済で信頼性が高い
  4. ・マルチシグ導入でセキュリティレベルが高い
  5. ・レバレッジ25倍の取引が追加証拠金なしでできる
  6. ・コイン積立で積立投資が可能
  7. ・コムサ(COMSA)の購入ができる

ザイフは、国内三大取引所の一つで、ビットフライヤーの次に国内で取引量の多い仮想通貨取引所です。セキュリティレベルも高く、二段階認証や携帯SMS認証はもちろんですが、資産に不審な動きがあると本人確認の電話が来ることもあるようです。

ザイフの一番の特徴は手数料の安さで、中でもビットコインの手数料はマイナスなので、取引を行えば行うほど取引手数料を受け取ることができます。

また、取り扱い仮想通貨も多く、コムサ(COMSA)を購入できる唯一の取引所です。コムサは日本初のICO大型案件として、最終的に109億円の資金調達に成功しました。当初から注目されており、Zaifの人気の底上げにも大きく貢献しました。

デメリット(サーバーの不安定さ)

  1. ・サーバーが不安定
  2. ・本人確認に時間がかかる
  3. ・アプリやウェブ画面の操作性が悪い

ザイフのデメリットとして、まずはじめに挙げられるのがサーバーの不安定さです。サーバーが落ちることやページが開くのが遅いことで有名で、売買注文が通らないこともあるようなので、短期トレードにはおすすめできません。

また、本人確認書類の到着にも時間がかかるので、ザイフを利用して取引を行いたい場合は、口座開設を早めに行うことをおすすめします。

登録方法

アカウントの作成

Zaif

まずは、ザイフの公式ページにアクセスし、メールアドレスを入力してアカウントを作成します。

メールを確認

ユーザー登録

登録のメールアドレスへ確認メールが届くので、メールに記載されているURLからページを開き、利用規約に同意し、パスワードを入力しアカウントを登録します。

本人確認

基本情報の登録

基本情報登録

名前や生年月日などの必要情報を入力し、内容に間違いがなければ登録します。

本人確認書類の提出

本人確認書類

ご本人確認資料は以下より1点

・運転免許証
・パスポート(日本国が発行する旅券)
・マイナンバーカード
・在留カード
・官公庁発行の公的証明書1点+公共料金の領収書1点
・官公庁発行の公的証明書2点

本人確認資料を準備して画像をアップロードしましょう。

写真を取る際は、全体が鮮明に写るようにし、ピンボケに気を付けましょう。

電話番号認証

認証コード登録

送られてきた6桁の認証コードを入力したら、認証コード登録の設定が完了します

はがきを受け取る

はがきが簡易書留で届くので、受け取りましょう。はがきを受け取った時点で手続きは完了になり、本登録が完了になります。

二段階認証設定

二段階認証とは

二段階認証は二重のパスワード設定のことです。メールアドレスとパスワードだけでログインできてしまっては、不正ログインによる仮想通貨の盗難の可能性が高まります。

メールアドレスとパスワードだけでなく、スマホアプリでワンタイムパスワード(別名トークン)と呼ばれる2番目のパスワードが表示、30秒ごとにパスワードが変わっていきます。

アカウントを乗っ取られて不正に日本円を出金されたとしても、二段階認証をしていれば補償を受けられるので、必ず二段階認証の設定を行いましょう。

二段階認証設定のやり方

メニューから二段階認証を設定する

おすすめの二段認証アプリ

メニュー内のセキュリティから、二段階認証の設定を選択し、任意の認証用アプリをインストールします。

パスワード入力で設定完了

アプリ認証

二段階認証アプリに表示されている6桁のパスワードを入力したら設定完了です。各段にセキュリティ性が高まるので、二段階認証は絶対に行いましょう。

ログイン方法

ログイン方法

登録したメールアドレスとパスワードを入力しログインします。二段階認証を設定している場合は、二段階認証トークンの入力が必要です。

普段使っているPCやスマホが盗難に合う可能性はゼロではないので、必ず毎回確認コードを入力するよう心がけましょう。

入金や送金方法

ザイフにログインしたら、「入金」を選択し、「日本円」の入金をクリックしましょう。

入金の金額を選択すると、振込用口座情報が表示されるので、金額を振り込むことで、入金が完了します。

手数料

主要通貨取引手数料

通貨 メイカー手数料 テイカー手数料
BTC/JPU -0.05% -0.01%
XEM/JPY 無料 0.1%
XEM/BTC 0.1%
MONA/JPY 0.1%
MONA/BTC 0.1%
BCH/JPY 0.3%
BCH/BTC 0.3%
ETH/JPY 0.1%
ETH/BTC 0.1%

ザイフでは、ビットコインの売買で取引手数料を受け取ることができます。

入出金手数料

入金(日本円)

銀行振込 無料
コンビニ入金 486円/594円(3万円以上の場合)
ペイジー入金 486円/594円(3万円以上の場合)

日本円の入金は無料ですが、コンビニやペイジーで入金する場合には手数料が必要です。

出金

日本円の銀行振込 350円/756円(50万円以上の場合)
BTC送金 0.0001~0.01 BTC
XEM送金 2~20 XEM
MONA送金 0.001~0.1 MONA
Counterpartyトークン送金 0.001~0.1 BTC
BCH送金 0.001~0.01 BCH
ETH送金 0.01~0.05 ETH
CMS:XEM送金 5~25 XEM

日本円の出金は、50万円以下なら350円、50万円以上なら756円となっており、出金額による手数料の差はほとんどありません。

コイン積立銀行引落手数料

1千円~2千円 100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2%
5万円 1.5%

ザイフのコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としにして、希望の金額を積み立てすることができます。

セキュリティ確保に必要なこと

1.SNSアカウントは使わない
2.英数記号の3種混合パスワードを使う
3.ブラウザにパスワードは保存しない
4.二段階認証は絶対
5.コピーサイトURLに気を付ける

英数記号の3種混合パスワード

グーグルアカウントで簡単にログインできますが、基本的にお勧めできません。SNSアカウントはハッキングされやすく、盗まれた情報をもとに仮想通貨口座が狙われてしまいます。

セキュリティー確保のために、必ず複雑なパスワードを用意して突破されないようにしましょう。できるだけ、20文字以上の英数記号の3種混合パスワードをでの作成をおすすめします。

また、ブラウザにパスワードは保存しないようにしましょう。アカウントハッキングによる情報流出の恐れがあります。

二段階認証は絶対

多くの取引所に採用されている「二段階認証」は絶対に行ってください。

二段階認証は、必要最低限の自己防衛手段であり、これを行わずしてアカウントを盗まれた報告例は国内でいくつも挙がっています。取引所登録を終えたら必ず認証作業を行いましょう。

チャットや掲示板でリンクを踏まない

各取引所や板などでは、ザイフなどを模したコピーサイトURLが大量に張られています。

フィッシングサイトと言われるネット詐欺の常套手段であり、クリックしてしまうと、パスワードや秘匿性の高い情報が盗まれます。

気になる文言があった場合でも、絶対にリンクは見ない、踏まないを心がけてください。

ザイフの公式サイトはこちら

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー